お肌の表面を拡大してみると、三角形の網目状になっていることがわかります。この三角形の網目状が“キメ”です。このキメが多く整っているほど、「キメ細かい」「キメが整った」といわれるお肌になります。
額と頬、フェイスライン近くなど、部分によってもキメの状態は違います。

 

乾燥したり荒れたりすると、三角形の網目が浅くなったり、写らなくなったりします。健やかで美しいお肌をキープするのに大切なのは、キメを整えることです。
ハダモアの「キメ画像」で肌の状態を確認し、適切なスキンケアでキメ細かい肌をめざしましょう。

キメが乱れる原因として気をつけなければならないのは、乾燥です。空調の効いた室内や、寝ている間の発汗で、お肌は一年中乾き気味。そのため、化粧水と保湿クリームなどで十分にケアすることが大切なんです。

 

意外なことに、肌を強くこする洗顔が、キメを乱してしまう原因になることがあります。優しく洗顔してあげることも美肌への一歩です。

 

日焼けでお肌が赤くなる人は、すぐにスキンケアを!キメが乱れやすいかもしれません。お肌のお手入れには水分、油分のバランスを整えることを心がけましょう。

  • 日焼けで赤くなる?紫外線B波(UV-B)
    長時間の日焼けでお肌が真っ赤に?このようなお肌の状態の主な要因は紫外線B波(UV-B)と言われています。
    紫外線B波は肌表面を傷つけたり、炎症を起こしたりします。日ごろから日焼け止めを塗ったり、長時間直射日光に当たらないよう日傘などを併用することで、軽減することができます。
    また、紫外線B波(UV-B)はエネルギーが強く、肌表面の細胞を傷つけたり、炎症を起こしたりするので、皮膚ガンやシミの原因になるともいわれています。

 

 

もチェックする

※Apple、Apple ロゴ、iPad、iPhone は米国および他の国々で登録された Apple Inc. の商標です。App Store は Apple Inc. のサービスマークです。

※Android、Google play、Google playロゴは、Google Inc.の商標または登録商標です。